Tube通

Juneの第3世代のスマートオーブンが予約開始

2020-10-22
2020年はJuneが輝く時だ。ますます多くの人が家に閉じこもり、キッチンで自分の身を守ろうと(それでも失敗することもある)する中、このスマートオーブンのスタートアップにはユーザー数を大幅に拡大する確かなチャンスがある。


「家庭における調理の増加により私たちはJuneの調理プログラムを見直し、標準的な家庭用オーブンでは得られない料理の可能性を実現しました」と、CTO兼共同創業者のNikhil Bhogal(ニクヒル・ボーガル)氏はリリースで述べている。

最後のメジャーアップデートから2年後となる米国時間10月21日、Juneは第3世代オーブンの発売を発表した。聞くところによると、今回のアップデートは比較的マイナーなものだという。オーブンのハードウェアには、新しいハンドル、加熱要素の上に追加されたガードレール、より静かなファン、新しいチップセットによりワイヤレス接続も向上するなどいくつかのアップグレードがある。

2020年はJuneが輝く時だ。ますます多くの人が家に閉じこもり、キッチンで自分の身を守ろうと(それでも失敗することもある)する中、このスマートオーブンのスタートアップにはユーザー数を大幅に拡大する確かなチャンスがある。

「家庭における調理の増加により私たちはJuneの調理プログラムを見直し、標準的な家庭用オーブンでは得られない料理の可能性を実現しました」と、CTO兼共同創業者のNikhil Bhogal(ニクヒル・ボーガル)氏はリリースで述べている。

最後のメジャーアップデートから2年後となる米国時間10月21日、Juneは第3世代オーブンの発売を発表した。聞くところによると、今回のアップデートは比較的マイナーなものだという。オーブンのハードウェアには、新しいハンドル、加熱要素の上に追加されたガードレール、より静かなファン、新しいチップセットによりワイヤレス接続も向上するなどいくつかのアップグレードがある。

2020年はJuneが輝く時だ。ますます多くの人が家に閉じこもり、キッチンで自分の身を守ろうと(それでも失敗することもある)する中、このスマートオーブンのスタートアップにはユーザー数を大幅に拡大する確かなチャンスがある。

「家庭における調理の増加により私たちはJuneの調理プログラムを見直し、標準的な家庭用オーブンでは得られない料理の可能性を実現しました」と、CTO兼共同創業者のNikhil Bhogal(ニクヒル・ボーガル)氏はリリースで述べている。

最後のメジャーアップデートから2年後となる米国時間10月21日、Juneは第3世代オーブンの発売を発表した。聞くところによると、今回のアップデートは比較的マイナーなものだという。オーブンのハードウェアには、新しいハンドル、加熱要素の上に追加されたガードレール、より静かなファン、新しいチップセットによりワイヤレス接続も向上するなどいくつかのアップグレードがある。

2020年はJuneが輝く時だ。ますます多くの人が家に閉じこもり、キッチンで自分の身を守ろうと(それでも失敗することもある)する中、このスマートオーブンのスタートアップにはユーザー数を大幅に拡大する確かなチャンスがある。

「家庭における調理の増加により私たちはJuneの調理プログラムを見直し、標準的な家庭用オーブンでは得られない料理の可能性を実現しました」と、CTO兼共同創業者のNikhil Bhogal(ニクヒル・ボーガル)氏はリリースで述べている。

最後のメジャーアップデートから2年後となる米国時間10月21日、Juneは第3世代オーブンの発売を発表した。聞くところによると、今回のアップデートは比較的マイナーなものだという。オーブンのハードウェアには、新しいハンドル、加熱要素の上に追加されたガードレール、より静かなファン、新しいチップセットによりワイヤレス接続も向上するなどいくつかのアップグレードがある。